2012年03月06日

ポラリスの効果とサーマクールネクストの違い

サーマクールネクストという美容施術がありますが、この効果はポラリスと似ています。
レーザーを照射することで顔のたるみやシワを除くというものです。
サーマクールネクストはポラリス同様、特殊な光を顔にあてることにより、真皮層でのコラーゲンを増やす効果を助けてくれます。
サーマクールネクストとポラリスはどのような点が異なっているのでしょう。
ラジオ波という高周波の光だけを使って施術を行うのが、サーマクールネクストの特徴です。
ポラリスは肌表面に近い部分、サーマクールネクストは目に見えない肌の中まて効果があります。
サーマクールネクストの効果は2週間〜3週間で出てきますが、ポラリスは施術を受けたその時から美容効果を実感できるといいます。
肌の美容効果を十二分に引き出すために、サーマクールネクストもポラリスもどちらも施す場合もあります。
ポラリスかサーマクールネクストかを選んで美容施術をしているというところもあります。
どちらも行うことで、美容効果を一層強く体感することができるというわけです。にきびケアの一環として、ポラリスを希望するという人も多いといいます。
ポラリスの効果で肌の代謝が良くなり、にきびの要因となる老廃物が皮膚から取れやすくなることで若々しい肌を取り戻す効果が期待できるといいます。
サーマクールネクストでは、痛みや施術後の腫れ・むくみ・赤らみを軽減するために、複数回の照射を行います(マルチプルパス方式)。
その効果的施術法を簡単に説明すると、まず、顔全体の照射を行います。
そして2度目はリフトアップ効果のために引き締めたい方向を考慮しながら(たとえば下から上へ)照射を行い、3度目にはシルエットをよりきれいにするために照射を行います。
これら全てを1回のサーマクールネクストのトリートメントで行いますので、今までのサーマクールのように、通院の必要はなく、また短い時間ですが3種類の照射を行うことで1回の施術のみで今までよりさらに高い効果が得られるでしょう。
皮膚の下のコラーゲンに直接作用し、リフトアップ効果や引き締め効果を発揮するサーマクールネクストは、コラーゲンを活性化するので、今までのサーマクールと同じように1回の効果が持続します。
痛みが大幅に軽減するような新しいサーマクールネクストなら、効果的な顔のしわやたるみの改善、リフトアップ、毛穴の引き締め、ニキビ、ニキビ跡の改善、首のしわ対策などが、以前より少し気軽にできるでしょう。
posted by パピー at 07:54| Comment(0) | ポラリスとサーマクールネクスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポラリスには無限大の可能性があります。

ポラリスによる美容施術で効果をもたらすケースがあります。
ポラリスとは医療用のレーザーの一種で、しわやたるみなどを改善してくれるものです。
ダイオードレーザーによる、光エネルギーと高周波のエネルギーの二つの種類のエネルギーをあわせて皮膚に照射します。
年齢と共に失われがちなコラーゲンを作るパワーをアップさせることがポラリスの特性です。
コラーゲンは体の中で作ることができ、真皮層や骨だけでなく、体内の様々な部位に存在します。
コラーゲンが体内で欠乏気味なると、肌にシワやたるみができやすくなるようです。
シワやしみの解消、弾力性の回復などの美肌効果は、ポラリスでコラーゲンを作る作用を高めることが大事です。
ポラリスはレーザー光での施療になるので、肌に傷をつけることは全くありません。
治療に入院は不要で、ポラリスを受けた後にすぐに化粧もできます。
副作用はほぼないといってもいいですが、これは肌の元々持っている作用で美肌を行うためです。
ポラリスの美容効果はコラーゲンを増すことによるので、違和感なく肌の引き締めができるといいます。
ポラリスの効果はダウンタイムがないので、誰にも知られずにきれいになれ体へ負担が少ないのも魅力の一つです。
実際の照射では、冷却装置で皮膚を保護し、高周波電流とダイオードレーザーで真皮に熱を加えます。
しばらくすると真皮のコラーゲンが縮み、その後も長期間に渡り、自身の肌に新しいコラーゲンが生成されます。
ポラリスの照射は5分から長くても数十分程度。
ポラリスは処置した直後から効果が感じられますが、処置の後も2〜6ヶ月間は徐々に効果が増していきハリが出て、たるみをが改善されます。
ポラリスの治療効果をより実感するためには、1〜2週間おきに3回以上の照射を必要とします。
posted by パピー at 07:34| Comment(0) | コラーゲン増幅効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

手肌のトラブル対策を考えましょう!

肌トラブルには色々なタイプがありますが、中でも手のかゆみやかさつきを気にする人は多いですね。
水を使う場合は手も荒れることが多く、かさつきや炎症になりやすくて苦労される方が多いようです。
水仕事による手肌のトラブル予防には手袋が有効ですが、いちいち付けたり外したりしながら作業をするのは相当大変です。
洗剤は汚れを洗い落とす力が強いので手肌のトラブルが引き起こされやすく、特に冬にお湯を使って皿洗いをしていると手に必要な油分まで洗い落とされてしまいます。
手の乾燥や手荒れの原因は、肌の水分が必要以上に無くなってしまうことに関わっています。
皿洗いや料理の際に使う手袋を着用してから作業をしたり、手の保湿用クリームを活用して乾燥予防を徹底するなどの心遣いがトラブル対策になります。
この頃は、肌の荒れやかゆみ対策効果のあるクリームの雑誌記事やテレビの広告が頻繁に登場するように思います。
店頭にはずらりと、様々な部位に使用する肌用クリームが売り出されています。
ドラッグストアーでも乾燥対策のお肌を保護する商品もたくさん販売されています。
どんな商品が自分に合っているかは、肌の状態によっても異なります。
エアコンや暖房による乾燥や、空気が乾いていると発生しやすい静電気はかゆみ肌の原因となりますが、かゆいからとかいていると肌トラブルが進行することがあります。
手肌のトラブルの対策は、痒み止めや保湿のクリーム等でこまめにスキンケアすることが大切ですね。
タグ:乾燥肌
posted by パピー at 23:51| Comment(0) | 手肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔面に肌トラブルは厳禁です。

肌トラブルの中でも一番注目されるのは顔でしょう。
顔の素肌のトラブルでは乾燥や加齢によるシワでお悩みの方が多いといわれています。
乾燥などで肌から水分が失われたり、年齢の影響で肌の弾力が減るのが肌トラブルの元です。
最近の美容関係の商品は、30歳以降の女性をターゲットにした、アンチエイジング商品が数多く作られています。
コラーゲン、コエンザイムQ10、プラチナナノコロイドなどの肌トラブルを改善する有効成分が含まれたサプリメントも人気が高いとされています。
飲料タイプのサプリメントは美肌効果を体感しやすいことなどから、常用している人が多いといいます。
肌が乾燥しやすい時節は肌トラブルへの用心も一層必要です。
気温が変わりやすい時期も、素肌の乾燥からくるかゆさやシワ、肌荒れのケアをしなければなりません。
湿度のコントロールも肌トラブルの改善や肌トラブルの予防にいいと言われています。
寝る前に蒸気を顔にあてるという美顔器も出回っています。
風邪に対する予防効果もありますので、美肌目的と兼ねて加湿器を愛用している方は少なくないようです。
空気清浄機機能と加湿機能が一緒になったものなども販売されおり人気が高いといわれています。
冬の乾燥した空気だけでなく、部屋の中の冷房や暖房など、肌の水分を奪うものは実に様々です。
スキンケア以外の方法でもお肌を労るためには、加湿器で湿度を調節するなどの工夫が有効ですね。
posted by パピー at 23:23| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

スキンケア、トラブルの問題点と解決策

お肌のトラブルは、外気の湿度が低い時などに多いですね。
乾燥肌によるざらつきや赤み、赤い腫れなど様々なパターンがあります。
小さなしわがたくさんできるのも、主に乾燥のせいです。
特にお肌がデリケートな人は、空気が乾きがちの季節では肌の水分もどんどん失われ、
顔だけでなく他の部分の皮膚も乾燥に悩まされるようです。

エアコンは、夏冬問わず乾燥肌の要因となります。少し控えた方が良さそうです。
外と部屋との温度の差が激しい時や、静電気が出やすい時も肌に関わってきます。
肌トラブルの対処方法としては、肌トラブルになった原因と人それぞれの肌のトラブルの状態により異なってくると考えられる為注意が必要です。

定番の肌トラブル対策は、スキンケアで化粧水を用いたり、保湿クリームを使って乾燥対策をすることです。
室内の湿度の調節や水分補給をこまめに行うなど様々な対処法も考えられます。
サプリメントの利用も効果的でしょう。フルーツをよく食べることも効果的です。
中でもビタミンCの含有量が多いフルーツを食べると、肌の代謝促進に効果があると言われています。


【果物の場合】

アセロラ 1700mg パパイア 50mg
ゆず 150mg きんかん 49mg
レモン 100mg はっさく 40mg
柿 70mg グレープフルーツ 36mg
キウイフルーツ 69mg 温州みかん 35mg
あけび(果肉) 65mg ドリアン 31mg
いちご 62mg パイナップル 27mg
ネーブル 60mg

【野菜の場合】

赤ピーマン 170mg さやえんどう(ゆで) 44mg
めキャベツ 160mg キャベツ 41mg
黄ピーマン 150mg ミニトマト 32mg
パセリ      120mg かぼちゃ(ゆで) 32mg
青ピーマン  76mg 葉ねぎ 31mg
にがうり(油炒め) 75mg とうがん(ゆで) 27mg
のびる 60mg あさつき(ゆで) 26mg
唐辛子(油炒め) 56mg しその葉 26mg
ブロッコリー(ゆで) 54mg あしたば(ゆで) 23mg
カリフラワー(ゆで) 53mg 小松菜(ゆで) 21mg
かぶの葉(ゆで) 47mg 大根の葉(ゆで) 21mg


肌強度がそれほど強くない子どもの場合、保湿のクリームは天然素材が理想的ですし、
食事での肌ケアも欠かせません。
肌トラブルの症状が深刻な場合は、1人で思い悩まずに専門の医師に診てもらうようにしてください。
posted by パピー at 23:44| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。